スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内海2年連続開幕宣言!上原に挑戦状! 

ハードな男のハードなヘルシーブレス。トリプルゲルマが効く!超硬タングステンブレスレット ト...
 右脇腹痛で出遅れていた巨人の内海哲也投手(25)が27日、故障後、初めてフリー打撃に登板した。打者8人に55球を投げ、安打性の当たりを2本に抑える完ぺきな内容。完全復調を猛アピールした左腕は、2年連続の開幕投手をあきらめないことを宣言した。残留組のキャンプはこの日で打ち上げ。今後、内海はイースタン教育リーグに登板し、実戦感覚を取り戻す。順調に調整を進める上原が大本命だが、ネバーギブアップの精神で残り1か月に勝負を懸ける。

 初登板となったフリー打撃の打者2巡目。実松への7球目だった。ワインドアップから思い切り振り下ろしたボールは右打者の内角ひざ元に鋭く食い込んだ。

打者がぼう然と見逃すしかなかった得意のクロスファイアーに、内海は小さくガッツポーズを見せた。「気持ち良かったですね。バッターが立つのは久しぶりだったので」。やっとここまで来た。背番号26は投げられる喜びを感じ、マウンド上で笑顔を見せていた。

 右脇腹痛の影響を一切感じさせず、テンポ良く投げ込んでいった。「体調的には何の問題もなかったですよ」打者8人に対しチェンジアップ、スライダーも試しながら、直球を中心に55球。投球直前に打者に球種を伝えていても、安打性の当たりはわずかに2本と、本来のスイングをさせなかった。ファウルが多かったのは、球速以上にボールにキレと球威があった証拠だ。

 屈辱の“リタイア1号”だった。キャンプ初日の1日、ブルペンで右脇腹を痛め、第2クール初日の5日からはC班でランニングやウエートトレなどの別メニューで調整を行ってきた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆巨人軍関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆巨人軍関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://giantsgogogiants.blog106.fc2.com/tb.php/3262-e8ab5038

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。