スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上原 魔の2・20は慎重調整 

【代引手数料なし】【何点ご注文しても1ヶ所につき送料525円】【G】読売ジャイアンツ2007優勝記...
 巨人の上原浩治投手(32)が「厄日」として設定している20日、首脳陣の命令で完全別メニュー調整を行った。故障以外での別メニューは異例中の異例。過去4年は故障などに見舞われたが、本命視されている開幕投手に向け、まずは5年連続の災難は回避した。 アップ後のキャッチボールを終えた上原に“ヤジ”が飛んだ。「帰れ、帰れ!」(門倉)、「(午後)11時55分に寝違えるなよ!」(高橋尚)。時刻は練習が始まったばかりの午前11時30分。「どんだけ虚弱に思われとんねん…」と苦笑したエースは投内連係のメニューを外れ外野をランニングすると、昼食後の午後1時30分には「あとは風呂でこけないように気をつける」と帰りのバスに乗り込んだ。

 2月20日は上原にとって「厄日」だ。04、05年はともに右太腿裏を痛め、06年は宮崎からWBC日本代表の合宿地だった福岡に移動するための飛行機がエンジントラブルに見舞われ、出発が大幅に遅れるハプニング。昨年も右太腿裏肉離れを再発して結局、開幕には間に合わなかった。そんな事情も考慮した原監督は練習前に「自分のペースでやれ」と指令。尾花投手総合コーチも「こんな日は無理にやらんでいい」と大幅に練習メニューを省いた。 数日前から「20日はブルペンに入らん」と明言していた上原も「ここまで気を使われるとは」とビックリ。21日からは通常メニューに戻る予定。周囲の協力で災難を回避したエースは2年ぶり8度目の開幕投手へ調整を再開する...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆原監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆原監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://giantsgogogiants.blog106.fc2.com/tb.php/3258-0e058a02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。