スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまだ決まらぬ巨人4番…日テレ関係者やきもきのワケ 

【代引手数料なし】【何点ご注文しても1ヶ所につき送料525円】【G】読売ジャイアンツ2007優勝記...
 史上最強打線の中心は誰!? 昨年、ナイター中継の年間平均視聴率が2年連続1ケタ台に終わった巨人。だが、その中心となる4番がいまだに決まっていない。巻き返しに必死の日本テレビ関係者が苦しい胸の内を明かす。

 「巨人の4番は“聖域”ですから。今季の4番打者を中心にCM、中継を展開していきたい。早い時期に原監督からの指名を聞きたいところなのですが…」

 だが、原監督は、親しい関係者にも「4番? 僕の中では決まっていますが、まだ本人にさえ言っていません」と明言を避けている。実際、現段階での候補者は、いずれも一長一短。

 右のラミレスが4番に入れば、1番高橋由以降、きれいにジグザグ打線が完成する。

宮崎キャンプでは最後の最後に風邪をひいたが、「今年は格段に仕上がりが早い。環境が変わって張り切っているのでしょう」(中日・筒井スコアラー)と高い評価。とはいえ、巨人特有のプレッシャーがどんな影響を与えるかは未知数だ。

 一方、オフに左手親指付け根を手術した李承ヨプは17日にキャンプを打ち上げ、韓国代表に合流。主砲として世界最終予選に臨み、7試合の長丁場で五輪キップを狙う。昨年、李が2軍落ちした際も、原監督は「李が4番に戻ったときが巨人本来の形」と言い続けたほどだから、それなりのこだわりはあるはず。

 ただし、「紅白戦1試合に出場しただけの李は、手術した左手に不安を抱えたまま重圧のかかる予選を戦う...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆原監督関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆原監督関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://giantsgogogiants.blog106.fc2.com/tb.php/3246-600e5ff5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。