スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中国】進む海外「中国語普及」、当局主導で定着狙う 

通常価格 294,000円【傑作帯!唯一無二の帯姿。】≪桝屋高尾≫特撰西陣ねん金綴錦袋帯「鹿牡丹...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080225-00000001-nna-int
 世界各地で中国語の学習熱が高まっていることを受け、中国がここ数年、海外での中国語学習者向け支援を加速している。経済発展を受け、学ぶ動機が「実用のため」に変化するなか、中国語を英語と同様に“ビジネス標準語”として海外で定着させたい狙いも背景に見え隠れする。すでに当局主導で海外に130近い非営利教育機関を開設するなど、支援の規模は拡大を続けているが、一部では資金の不足なども表面化。ひとつの文化事業としてどこまで成果を挙げられるか、今後の展開が注目されそうだ。【北京・森ちづる】

 教育部の統計によると、中国が受け入れている海外からの留学生は、受け入れを始めた1950年から2006年までの累計で104万7,010人。

新型肺炎SARSのまん延が落ち着いた04年からは再度増加する傾向にあり、2006年通年での受け入れ数は前年比15.3%増の16万3,000人に上っている。また留学生の増加にあわせるように、海外でも中国語を学ぶ人口は増加を続けており、その数は4,000万人に達しているともいわれる。
 
 ここ数年は中国語を、興味本位からとしてではなく、実用的な“ビジネスツール”ととらえて取得を目指す傾向が強まっているのも特徴だ。
 
 中国への留学が流行して久しい韓国では、中国の留学受け入れ数の全体の約3割を占めている。ここ数年はさらに留学の若年化も進んでおり、早期教育のためにと母親が子供の留学に同伴、父親が韓国から送金して生活を支えるケースも生まれている...

ニュースの続きを読む




◆立命館関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆立命館関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://giantsgogogiants.blog106.fc2.com/tb.php/3234-34851e75

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。