スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーラム:上手なマンション共同体 来月1日、中京で /京都 

倉木麻衣/風のららら
 末永く安心して暮らせる分譲マンションに不可欠な人間関係を結ぶための「京都市マンションフォーラム マンションコミュニティの上手な作り方」が3月1日、中京区の立命館大朱雀キャンパス大講義室で開かれる。適正な管理でマンションの寿命を伸ばし、住民の高齢化や景観条例への対応など、山積する問題解決に向けて住民意識を高める狙い。
 NPO法人集合住宅改善センターの調査によると、▽管理組合の理事会・総会が年3回以上開かれない▽管理規約がない▽管理費・修繕積立金がない▽大規模修繕の実績がない――の項目に一つでも該当した「要支援」の分譲マンションは京都市内に60棟以上。

住民の高齢化と建物の老朽化が進み、多くは「自分たちで何とか管理しよう」との意識が住民に希薄な点で共通するという。
 当日は、1級建築士の田村哲夫・同センター代表理事が「よりよいマンションコミュニティ」と題して基調講演するほか、実際に共同体づくりに成功した例などを紹介する。先着400人、参加無料。申し込みは28日までに同センター(075・722・3510)へ。【武井澄人】

2月24日朝刊
(引用 yahooニュース)




◆立命館関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆立命館関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://giantsgogogiants.blog106.fc2.com/tb.php/3222-07dfe8c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。