スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上原、開幕投手外して落合竜たたき浮上 

THE FINAL ACT TOKYO DOME / LUNA SEA
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080224-00000033-nks-base
 開幕戦より中日戦だ。巨人上原浩治投手(32)が、本拠地東京ドームの初戦(4月1日)、中日戦に登板するプランが23日、浮上した。ヤクルト戦(3月28日、神宮)で2年ぶりの開幕投手が最有力だったが、チームは最大のライバルをオレ竜に想定。6年ぶりとなる日本一奪回には避けて通れない難敵退治を、エースに託すことになる。
 中日をたたかずして、日本一奪回はない。そのための仰天プランをこの日、宮崎キャンプを視察した滝鼻オーナーが思わずほのめかした。「中日が一番気になる。神宮(ヤクルト戦)の先発と東京ドーム(中日戦)の先発と、どっちに重きを置くのか、オーナーというよりも一ファンとして興味深い。

最難敵との開幕だからね。最初というか、最後までたたきたい」。
 もともと、首脳陣は先発復帰するエース上原を中日戦に登板させるプランを温めていた。4月1日の東京ドーム開幕戦に登板すると、交流戦までの間に中日戦3カード、阪神戦1カードで登板することが可能になるからだ。ギリギリまでプランは隠しておくつもりだったが、思わぬ形で浮上してしまった。
 この日のシート打撃では、完ぺきな仕上がりを見せた。打者22人をわずか61球で1安打に抑えた。高橋由からはフォークで3球三振を奪った。右打者中心に試したシュートでは13個の内野ゴロの山を築き、2本のバットを折った。昨年、抑えにまわったことで不安視されるスタミナ面もシュートを活用する投球スタイルで、球数を減らし克服できる...

ニュースの続きを読む




◆東京ドーム関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆東京ドーム関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://giantsgogogiants.blog106.fc2.com/tb.php/3221-48ec7f36

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。