スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーナー御前で猛打賞!巨人・坂本10代開幕スタメンへ猛デモ 

BBM1999 ベースボールカード レギュラーカード 100円カード(No.501~No.540) 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080224-00000018-sanspo-spo
 巨人の宮崎キャンプで23日、初の対外試合となる練習試合・西武戦(サンマリン宮崎)が行われ、売り出し中の2年目、坂本勇人内野手(19)が八回の左翼フェンス直撃二塁打など3安打1打点で猛アピール。視察した滝鼻卓雄オーナー(68)も満足した。

 最大瞬間風速17メートルの春風が、坂本の打球を後押しする。八回だ。グイグイ伸びて、左翼フェンス上部直撃の二塁打。3安打猛打賞の結果に塁上で思わず笑みがもれた。

 「しんで打ったけど、つまった感じでした。ヒット3本出たんで、納得はしています。

バッティングでしっかりいいアピールができている」

 今季初の対外試合。「8番・遊撃」で先発出場すると、二回の第1打席で右前に流し打ち。四回一死二、三塁の好機では、右前へぽとりと落ちるラッキーな適時打を放った。八回は左越え二塁打。期待の2年目は3安打1打点と、この上ない結果で首脳陣にアピールしてみせた。

 これまでの紅白戦を含めた6試合で20打数7安打1本塁打。打率は.350をマークし、打点もチーム最多の6打点。勝負強い打撃に原監督も「何回も褒めているからね。内容がいいよ」と笑みを隠しきれない。

 そんな坂本を苦笑させる出来事が試合前に起きた。「61番サインください」と、ファンの小学生から背番号で呼びかけられた。「早く名前を覚えてもらいたいと思った」。期待の新星と騒がれても、知名度はまだまだ。名前を呼んでもらえなかった悔しさが坂本を奮起させた...

ニュースの続きを読む




◆巨人関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆巨人関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://giantsgogogiants.blog106.fc2.com/tb.php/3214-85f0a7f6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。