スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「テニス王子」が通った 米名門スクールって何だ? 

 TAKURO YOSHIDA in BIG EGG / 吉田拓郎
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080223-00000007-gen-ent
“テニスの王子様”錦織圭(18)の登場で注目なのが、留学先のテニス学校だ。シャラポワやアガシもここで鍛えられたというが、一体どんなところなのか。
「ニック・ボロテリー・テニス・アカデミー(NBTA)」は1978年にフロリダで設立された世界初の常設テニス学校だ。
「東京ドーム16個分という広大な敷地に寮や学校が併設され、75カ国約600人のジュニア選手がテニス漬けになり、しのぎを削る“虎の穴”。実力が認められれば、どんどん上級クラスに上がれるシステムで、16歳と12歳が一緒のコートで練習することもザラです」(海外在住テニスコーチ)
 主宰者のニック・ボロテリー(76)は選手経験もなく、25歳で時給6ドルでテニスコーチを始めた。

70年代後半はプロテニスの黎明(れいめい)期で、プロのコーチもいなかった時代。NBTA設立後は、その評判が急激に全米に広まった。
「80年代後半のある4大大会では、出場者8人に1人がNBTA出身の選手だったほどです」(スポーツジャーナリスト)
 気になる留学費用は、年間で約4万ドル(約430万円)ナリ。錦織のようにプロコーチを帯同させると年間1000万円だ。
 NBTAへの短期留学も扱うスポーツ留学紹介サイト「アスリート・ブランド」は、「錦織クンの優勝でアクセス数が急激に増えました」と語る。わが子も王子に、とお考えなら、いかが?



◆東京ドーム関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆東京ドーム関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

やってもた!!

ココで中でしてしもたぁーー!
大丈夫かなぁ!!??(;><)→http://lppulu.net/seiyokku/s/mr7tw/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://giantsgogogiants.blog106.fc2.com/tb.php/3202-4f8e3744

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。