スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中田に“メス”石井浩郎参考に修正だ 

BBM1999 ダイヤモンドヒーローズ レギュラーカード 300円カード 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080223-00000006-spn-spo
 日本ハムの高校生ドラフト1巡目・中田翔内野手(18=大阪桐蔭)の打撃に“メス”が入ることになった。ここまで中田の打撃に関しては放任主義を貫いてきた梨田監督だが、練習試合で9打席連続無安打とプロの壁にぶち当たっている現状を打開しようと決断した。修正ポイントは軸足となる右足の使い方。元近の石井浩郎の技術を参考に、実戦を経験させながら、怪物の改造に着手していく。

 梨田監督が悩める中田に救いの手を差し伸べた。ここまで怪物ルーキーを放任してきたが「最初はボディーターンで打っていたけれど、力みから体が流れている。

上下のバランスがいまひとつ。気付いたことを、そろそろ言っていこうかな」と修正に乗り出す考えを示した。

 素材は超一級品。フリー打撃でスコアボード越えの155メートル弾を放ち、10日の練習試合・阪神戦(名護)でも左中間場外へプロ1号を運んだ。規格外のパワーに、スター性も備える18歳。だが、このままプロで通用するほど甘くはなかった。

 ポイントは怪物パワーの原動力となる軸足(右足)の使い方だ。現在の中田は右足にしっかりと体重が乗らず、左足を踏み出した際に力が逃げ、腰の回転もスムーズではない。そのため上体でボールを追いかける悪癖が顔を出している。平野打撃コーチは「右足の使い方がヘタクソ」と指摘。崩れかけているフォームが手遅れにならないうちに、夜間練習なども含めて修正に着手していく方針だ...

ニュースの続きを読む




◆巨人関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆巨人関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://giantsgogogiants.blog106.fc2.com/tb.php/3191-31e9e41e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。