スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二岡 寡黙な男が突然の“大変心” 

 読売ジャイアンツ選手別応援歌2006 / 読売ジャイアンツ
 これも新選手会長の役目?左ひざ手術から復帰を目指す巨人の二岡智宏内野手(31)が26日、「(報道陣の)みなさんへのネタ作りです」と術後初めてフリー打撃とノックを行った。これまでは寡黙な性格で口数も少なかったが、突然のリップサービス。今キャンプで若手野手が急成長する中、自身の現状を素直に吐露し、開幕戦出場への強い意欲をみなぎらせた。
  ◇  ◇
 久々のフリー打撃が気持ちよかったのか。それとも遊撃のポジションで約50球のノックを受け、復帰への手応えをつかんだからなのか。いずれも昨年11月の左ひざ手術以来、初めて取り組んだ練習。その理由を聞かれた二岡は「(報道陣の)みなさんへのネタ作りです」と、いたずらっぽく目尻を下げ即答した。


 普段は寡黙でストイックなはずが、3回ほどこの言葉を繰り返す“変心”ぶり。さらにこれだけでは終わらない。練習の合間にもかかわらず「さっさとネタを作れよ」と10分間も囲み取材に応じた。「1日でも早くチームに戻ろうとしているけど、すぐに良くなるものでもない。焦ってるよ。『慎重に』とは自分に言い聞かせてるだけで、こういう状況で焦らない方がおかしいでしょ」。自身の心境、回復具合を率直に明かしたのだ。
 既に1軍首脳陣と主力選手はキャンプ地の宮崎を離れ、残っているのはリハビリ組と若手。注目度が落ちることは否めない。そんな中、今季からチームの顔である選手会長に就任し、巨人の人気復活のために協力を惜しまなかった...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆二岡智宏関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆二岡智宏関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

コメント

こんにちは

巨人ファンよ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://giantsgogogiants.blog106.fc2.com/tb.php/3272-2660cacf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。